イマニシロゴ

お問合せ
044-975-2023
Tartufo

トリュフ
Tartufo 

黒トリュフ

世界三大珍味のひとつとしても有名なトリュフ。
「黒いダイヤ」という別称を持つほど希少価値の高いキノコです。
様々なイタリア料理にも使われ、豊かな香りが料理の味を引き立てます。
チーズなどの主要なイタリア料理の食材との相性も良く、パスタやサラダ、お肉料理や魚料理などにもトリュフを加えることで、料理の味を格上げすることができます。

トリュフは大きく分けて「黒トリュフ」と「白トリュフ」の二種類があり、それぞれ味や食感が異なります。

 
黒トリュフ

黒トリュフイメージ

黒トリュフは歯ごたえのあるサクッとした食感で、熱を加えることで香りが良くなり、脂溶性が高いことから加熱して食べることが多いのが特徴です。
様々な食材とも相性がいいので、パスタやサラダなどにはもちろん、色々な料理に使用されています。
トリュフの最大の特徴である香りは、濃厚で上品な匂いで、新鮮な土や森のような香りとか、ニンニクやスパイスの香りなど様々に表現されます。
その芳醇な香りは、一度嗅いだら忘れられなくなるような香りで、香りを味わう食材として、多くの人々に愛されています。

黒トリュフの旬は秋から冬にかけてが一般的で、この時期に採られるものが、ウィンタートリュフと呼ばれています。
夏から秋にかけて採れる種類もあり、この時期のものをサマートリュフと呼んでいます。

 
白トリュフ

白トリュフ調理イメージ

白トリュフは黒トリュフに比べて、採れる量が極端に少ないため、その貴重さは別格と言えます。
産地も限られており、最も有名な産地であるイタリアのピエモンテ州のアルバをはじめ、ごく限られた地域でのみ産出されています。
収穫時期も秋から冬にかけてのみと短く、黒トリュフが難しいながら人工的な栽培も可能なのに対し、白トリュフは天然もののみであるであることも、その希少価値に拍車をかけています。
香りは、アーモンドの香りやバターの香り、ガソリンのような香りや動物のような匂いなど、人それぞれで感じ方が異なっているようです。
食感は、黒トリュフに比べ柔らかく、主に生食用に使用されます。
白トリュフは味の強くないシンプルな料理に使われることが多く、白トリュフならではの格別の香りを楽しむための調理法が好まれています。
黒トリュフを圧倒する白トリュフの強烈とも言える香りは、その希少性も伴い、多くの美食家たちを魅了しています。


取り扱い商品 

トリュフ・トリュフソルトイメージ

黒トリュフ
白トリュフ
白トリュフオイル
黒・白トリュフソルト
白トリフチョコレート
黒トリフチョコレート
白黒ミックストリフチョコレート
サマートリュフ、秋トリュフ(季節物)  
その他
  
 
イマニシでは、シーズン毎にフレッシュなトリュフを入荷しています。
他にもトリュフを使用した様々な製品も取り扱っています。
レストラン様のご要望やメニューに応じた提案もさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

 
ページトップへ戻る